同棲した場合の表札 同棲について

同棲した場合の表札
同棲生活で表札は、どのようにしているのでしょうか。

表札とは居住者の名を記して入り口や家の門やなどに掲げる札のことを言います。

そうなるとそれぞれ彼と彼女の名前を記するのが正しいですね。見た人は疑問に思うかもしれませんが、これが一般的と言えます。
ただ、これといったルールはないので神経質になる必要はありません。

防犯上、表札自体を掲げていない。これは今の若い人に多く見受けられます。
近所の人に詮索されるのが嫌だから彼の名前だけ記している。そんな人もいるでしょう。
結婚する予定だから彼の名前だけ記している。それもありですね。

実情は人それぞれと言うわけです。




実際、表札の役割は宅配業者や郵便配達員などが居住者の確認のためという場合が多いようです。
みなさんにお知らせする為の物ではありません。
表札を掲げていないと居住者の確認不可能と判断され配達物を差戻される場合も有得ます。
確認してくれる人も中にはいると思いますがそう考えると表札は重要なアイテムですね。

市場には、いろいろな表札があります。一緒に手作りで楽しみながら作りたい人はホームセンターへ行けばキットが販売されています。アレンジが可能なのでいろいろ作ることが出来ますね。字の書体も様々です。個性的でおしゃれにしたいのならオーダーメードも可能です。イメージを伝えて色や書体など、今は英語で表札を作る人も増えて来ました。手作りの場合、結婚して子供が出来たときに、名前を加える楽しみもありますね。
自分たちに合った表札を見付けてくださいね。そして幸せな生活を送って頂きたいです。