同棲生活の報告 同棲について

同棲生活の報告
同棲生活をするにあたって両親への報告は絶対にしてください。絶対にしなければならないと思います。
結婚するわけじゃないからとこっそり隠れて、同棲をはじめるのは言語道断です。
二人で生活するから二人の問題ではなく、ふたりの生活における信用問題も絡んでくるのです。
同棲するとき、誰が家の賃貸契約の保証人になるのですか?ほとんどの人が両親だと思います。
怪我や事故があったとき最初に連絡すべき人は誰ですか?誰にも頼れなかったらどうしますか?
そんなことを考えたら結局、どちらかの親です。

家を借りる際に、保証人がいなくても請け負ってくれる会社も確かにありますが、逆に言えば誰でも住める家。。考えると怖くなりませんか?ご近所問題などがあっても、保証人がいないだけ、対応も適当流されることもあります。大家さんが認めてくれないと契約もできません。

両親への報告をしないまま同棲をしている状況は、何かあった時に、はじめて親が同棲しているという事実を知るのです。同棲相手の信用もなくなりますね。




たかがあいさつですが、挨拶は大切なことです。
親から見れば、挨拶一つないだけで非常識だと相手に対して不信感を抱きます。
せっかく自分が選んで一緒に暮らす人の親なのに、不信感を持たれたら信用をより戻すまではかなりの時間がかかります。とても悲しい事です。

信頼してもらう為にも、事前に同棲することを話し、了承を両親から得ることが大事です。
もし、両親が認めてくれなかったら、認めてくれるまで何度も説得してください。途中で自分達の勝手で同棲をしないようにしてください。何度話しても認めてくれない場合は理由があるはずです。

同棲生活の報告はきちんとしてくださいね。