同棲生活が駄目になるケース 同棲について

同棲生活が駄目になるケース
同棲生活が駄目になるケースを2、3紹介します。せっかく大好きな人と生活を共にしたのに、こんなはずじゃなかった…と思ってからは遅いのです。いつまでも仲良くいられるために、自分の悪い点は治す努力をして下さいね。

■同棲生活が駄目になるケース1

彼の帰りをひたすら待つ女性。

これをしてしまうと、彼が帰宅恐怖症になります。
ひたすら彼の帰りを待つ女性というのは好きだから一生懸命に掃除したり、美味しい料理を作ったりして彼の帰りを待つのです。
彼が時間通りに帰ってきた日はいいでしょう。
しかし彼がいつもより帰宅時間が遅いと、一生懸命頑張った分の跳ね返りが彼を責めてしまう行動に繋がるのです。

初めの頃はキレイな部屋と美味しい料理。悪い気を起こす人はいませんね。
ごめんねと素直に謝って事は終わりですが、これが何回も続くとうんざりするのです。

彼の為にやってあげるのは自分の自由なのです。
自分が勝手にやっていると自覚しなければなりません。

同棲を送っている女性の多くが結婚えを意識します。

しかし男性の方は、結婚はまだ先のこと、
と考えていたり、このままの状態で良いと思ったりしている場合がほとんどなのです。


■同棲生活が駄目になるケース2

占いや風水を家に持ち込む行動。

ほどほどであれば問題はありません。しかしやり過ぎはよくありません。

やけにカラフルになった部屋は色合いがごちゃごちゃします。
部屋の各方位には風水にちなんだ置き物を置くなどもありですが彼から見て落ち着くわけがありません。

たった一通のメールだけで女性を落とした秘密




占いや風水に頼る前に結婚をするために必要なこと、女性としての役割などを身につければ、占いに頼る必要もなくなるのではないでしょうか。

同棲生活が駄目になるケース3


浮気を疑う女性。

彼のことが気になって隅々までチェックする女性。
彼がお風呂に入っているときに体を洗ったかチェックするのです。なぜなのでしょう。
彼が浮気をして帰ってきたら、ホテルでシャワーを浴びてきたと思うからです。
体を洗わなかったから浮気をしていると決めつけるのはどうなのでしょうか。

こんなチェックは自分が不快になるだけです。
まずは自分が何のために何をしているか必要な行動なのかよく考えて見てください。