同棲生活、仲良し節約術 同棲について

同棲生活、仲良し節約術
同棲生活をしながら仲良しでいられて節約まで出来る節約術があったら、だれでも実行しますよね。
光熱費を節約するためのわざをお教えします。
この節約術はふたりの協力が絶対条件です。頑張ってくださいね。


結婚資金をためるために同棲をしているカップルの場合、節約という小さな積み重ねが大きな差となります

たった一通のメールだけで女性を落とした秘密



片方だけが節約をがんばっていても、もう一方が水道などシャワーを流しっぱなし、歯磨きのじゃぐちはそのまま、電気をつけっぱなしになどしていると、いつまでたっても貯まるべきお金も貯まりません。

常に目標を達成する為にしなければいけないことを意識しましょう。

同棲生活で光熱費を減らす努力をはじめた場合、簡単に出来る所から初めてみるのはどうでしょうか。
同じ節約をしても、心がけて行う事と日々の生活サイクルに取り込んでの節約では全く違います。

お互いが仲良く楽しくという形が理想ですね。

一例をあげるとしたら一緒にお風呂に入る節約術です。
もう既に実行中の方もいるかもしれませんが、このお風呂。。水道代の大きな節約になることをご存知でしたか?
まずは、お湯の出しっぱなしが防げます。これは水道代だけでなくガス代も同時に節約することができるのです。

ゆっくりお風呂にはいることは、皆さんがいつも気にしているダイエットにも繋がります。
新陳代謝もよくなり、それと同時に、一緒にお風呂に入ると、色んな話が出来るのでコミュニケーションを深める意味でも重要なのです。

入浴剤に凝ってみるのもいいでしょう。アロマも最近流行りですし、いい香りのボディソープを使ってリラクゼーションも出来ますね。
ただし、あまり高価なものは節約の意味がなくなりますので注意してくださいね。

さらに、お風呂から上がったらお湯は洗濯に使うのがいいでしょう。
暖かいお湯で洗濯をすると汚れの落ちもよくお急ぎコースなどで時間が短縮出来ます。この場合洗濯は電気代の節約にもなるのです。

洗濯の最初の水はお湯の汚れが気になる方もいるかと思いますが、洗濯洗剤を一緒にいれるので、問題はありません。通常の洗濯洗剤には再汚染を防止する働きがあるのです。再汚染とは水に溶け出した汚れが、再び衣服の繊維に付着するのを防ぐ事を言います。

カップルによって、毎日一緒に入るのはは難しい場合もあるかもしれません。

そんな場合は休みの日だけでもふたりで一緒にお風呂に入るなど、仲良し節約術を実行してみてくださいね。