別れの理由として多いのは? 復縁する方法

復縁依頼の増加
復縁依頼のケース
復縁できるか 3つのポイント
元夫が元妻との復縁を望むケース
元妻が元夫との復縁を望むケース
元彼が元彼女との復縁を望むケース
元彼女が元彼との復縁を望むケース ネチネチタイプの場合
元彼女が元彼との復縁を望むケース あっさりタイプの場合
男性が不倫相手との復縁を望むケース
友人との復縁を望むケース
男性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
女性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
復縁工作 対象者との接触
別れの理由として多いのは?
復縁工作 別れの理由の告知
相手の浮気が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
経済的不安定が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
性の不一致で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖が原因で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖は本当に直っている?
本当に暴力は二度とふるわない?
本当にもう浮気しない?
復縁アプローチ 情報収集
復縁アプローチ メールでの感触
復縁アプローチ 誤解を解く
復縁アプローチ 会うきっかけを作る
復縁アプローチ 変わった自分をアピール
暴力が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
価値観の相違で別れたケース 復縁の可能性
女性が不倫相手との復縁を望むケース


復縁マニュアル決定版 復縁ガイドブック【男女統合版】



別れの理由として多いのは?
復縁工作というのは、相手の調査、本当の別れの理由を追究するところから始まります。
しかし本当の理由と言うものは、依頼者が思っていた理由とは異なることが多々あるのです。
ここでは告げられなかった本当の別れの理由としてどんなものがあるのかを見ていきましょう。

まず、一番多いのは「浮気」です。
他に好きな人ができてしまった、というパターンですが、相手にバレていないのにわざわざ「他に好きな人ができたから別れましょう」と言う人はあまりなく、相手が気付いていなければ大抵は隠されたままです。
このケースの復縁工作は、浮気相手が絡んでくるため複雑なステップを辿ります。
依頼者が浮気したのか、対象者が浮気したのかによっても手段が異なります。
依頼者の浮気が原因で別れた場合、やっぱり元に戻りたいと猛反省していても、一度失われた信頼を取り戻すのはそう簡単ではありません。
対象者の浮気が原因の場合、まだその相手と付き合っていたら復縁の前に「別れさせ工作」が必要です。
復縁までの期間が長くなり、難易度も上がります。

次に多いのは「経済的理由」です。
依頼者自身の浪費癖や働かない、などの理由です。

たった一通のメールだけで女性を落とした秘密



こういったケースでは依頼者が努力してキャリアアップしたり貯金をしたりするなど具体的に自分がどう変わったのかを相手に見せることが重要となります。

この他「性の不一致」という理由もあります。
男性が別れの本当の理由を聞かされていないことがほとんどで、調査員から理由を聞かされて愕然とする人が多いようです。
生理的なことなので、我慢や努力だけでは解決できないこともあります。