復縁依頼のケース 復縁する方法

復縁依頼の増加
復縁依頼のケース
復縁できるか 3つのポイント
元夫が元妻との復縁を望むケース
元妻が元夫との復縁を望むケース
元彼が元彼女との復縁を望むケース
元彼女が元彼との復縁を望むケース ネチネチタイプの場合
元彼女が元彼との復縁を望むケース あっさりタイプの場合
男性が不倫相手との復縁を望むケース
友人との復縁を望むケース
男性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
女性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
復縁工作 対象者との接触
別れの理由として多いのは?
復縁工作 別れの理由の告知
相手の浮気が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
経済的不安定が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
性の不一致で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖が原因で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖は本当に直っている?
本当に暴力は二度とふるわない?
本当にもう浮気しない?
復縁アプローチ 情報収集
復縁アプローチ メールでの感触
復縁アプローチ 誤解を解く
復縁アプローチ 会うきっかけを作る
復縁アプローチ 変わった自分をアピール
暴力が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
価値観の相違で別れたケース 復縁の可能性
女性が不倫相手との復縁を望むケース


復縁マニュアル決定版 復縁ガイドブック【男女統合版】



復縁依頼のケース
別れた相手との復縁を希望する人が増えてきているようです。
これは探偵会社に個人的な復縁依頼をする人が多くなってきている、ということで、依頼されるケースの半数以上が既婚者の復縁だそうです。

復縁依頼をする人の年代として多いのは30歳前後、「離婚したものの、やっぱりやり直したい」と依頼してくる男女比は、男性3対女性2となっているそうです。
女性より男性の方が上回っているのは、男性は過去を引きずる傾向があるからでしょう。
自分の浮気や暴力が原因で離婚した場合でも「もう二度としない」と猛反省していたり、相手に落ち度があった場合でも「自分に非があったかもしれない」と言ったり、男性が復縁依頼をしてくるケースではどこまでも謙虚な人が多いのだそうです。

たった一通のメールだけで女性を落とした秘密



女性の場合は、次の相手を探したり過去より未来を見据えて生きて行こうと考えたりと、男女関係においてドライな考えを持つ人が多く、復縁を望む理由として多いのは経済的な問題となっています。
子どもに会いたい、というのも復縁を望む理由のひとつとなります。
この場合でも親権を女性持っていることが多いため、必然的に男性側からの復縁依頼が多くなるわけです。

未婚者における復縁依頼では「ふられた相手との復縁」「ふった相手との復縁」の依頼件数が半々であるそうです。
別れてから復縁を希望するまでの期間が短い、という点で、既婚者の復縁とは異なります。
数週間から数ヶ月という短期間で「もう一度よりを戻したい」と思い直すことが多いようです。

この他、不倫相手との復縁を依頼してくるケースも中にはあります。
妻にバレて一時的に不倫相手と別れたけれど、今はほとぼりも冷めたのでもう一度不倫相手と復縁したい、という「調子のよい」ケースです。
また男女間だけでなく、友人や親子間での復縁依頼というのもあるそうです。
自分の努力だけではどうしても友好な関係を取り戻せそうにない、と言う時、最後の手段として復縁のプロに救いを求めるわけです。