復縁アプローチ メールでの感触 復縁する方法

復縁依頼の増加
復縁依頼のケース
復縁できるか 3つのポイント
元夫が元妻との復縁を望むケース
元妻が元夫との復縁を望むケース
元彼が元彼女との復縁を望むケース
元彼女が元彼との復縁を望むケース ネチネチタイプの場合
元彼女が元彼との復縁を望むケース あっさりタイプの場合
男性が不倫相手との復縁を望むケース
友人との復縁を望むケース
男性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
女性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
復縁工作 対象者との接触
別れの理由として多いのは?
復縁工作 別れの理由の告知
相手の浮気が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
経済的不安定が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
性の不一致で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖が原因で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖は本当に直っている?
本当に暴力は二度とふるわない?
本当にもう浮気しない?
復縁アプローチ 情報収集
復縁アプローチ メールでの感触
復縁アプローチ 誤解を解く
復縁アプローチ 会うきっかけを作る
復縁アプローチ 変わった自分をアピール
暴力が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
価値観の相違で別れたケース 復縁の可能性
女性が不倫相手との復縁を望むケース


復縁マニュアル決定版 復縁ガイドブック【男女統合版】



復縁アプローチ メールでの感触
復縁工作、というと探偵みたいで私たち素人には無理な話のようですが、やっぱり大切な人ともう一度やり直すには、慎重に確実な方法をとりたいですよね。
そこでまず復縁したい相手の情報収集が大切だということは、前にお話しました。
信頼できる友人に依頼して相手の近況がわかってきたら、今度は自分でメールや電話をして感触を探ってみましょう。

友人からの情報で、今でも相手が一人であることがわかっていても、いきなり「もう一度、付き合って」と迫るのは早すぎます。
まずは「元気にしてる?」くらいの軽い内容の携帯メールを夜9時くらいに送ってみます。

送ったメールがそのまま返送されてきたら、相手がメールを受信拒否していることになります。
悲しいですが、メールを送ることが迷惑がられているのかもしれません。

たった一通のメールだけで女性を落とした秘密



送信はできたけど相手からの返事がない場合は、拒否はされていないものの歓迎もされていない状況と見られます。
返事が来ないからと言ってメールを送り続けるとストーカーと捉えられることもあるので気を付けてください。
返事が翌日以降に届いた場合は、積極的に交流したいわけではないのでしょう。
メールが届いた時間に、誰かと一緒にいたという可能性もあります。
返事が早く来た場合は、相手にはまだ受け入れ余地があり、復縁の可能性も期待できます。

電話をかけて様子を伺う場合、夜にかけてもいつも出ない、いつも留守電になっている、といった状況であれば、避けられているのかもしれません。