復縁アプローチ 会うきっかけを作る 復縁する方法

復縁依頼の増加
復縁依頼のケース
復縁できるか 3つのポイント
元夫が元妻との復縁を望むケース
元妻が元夫との復縁を望むケース
元彼が元彼女との復縁を望むケース
元彼女が元彼との復縁を望むケース ネチネチタイプの場合
元彼女が元彼との復縁を望むケース あっさりタイプの場合
男性が不倫相手との復縁を望むケース
友人との復縁を望むケース
男性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
女性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
復縁工作 対象者との接触
別れの理由として多いのは?
復縁工作 別れの理由の告知
相手の浮気が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
経済的不安定が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
性の不一致で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖が原因で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖は本当に直っている?
本当に暴力は二度とふるわない?
本当にもう浮気しない?
復縁アプローチ 情報収集
復縁アプローチ メールでの感触
復縁アプローチ 誤解を解く
復縁アプローチ 会うきっかけを作る
復縁アプローチ 変わった自分をアピール
暴力が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
価値観の相違で別れたケース 復縁の可能性
女性が不倫相手との復縁を望むケース


復縁マニュアル決定版 復縁ガイドブック【男女統合版】



復縁アプローチ 会うきっかけを作る
復縁したい相手の情報収集から自分の様子を伝えることまで、第三者である友人には大変重要な役を果たしていただきました。
それまでのステップで復縁の可能性があると判断できたら、いよいよ会ってみる段階です。




しかし「会う」と言ってもいきなりメールなどで「会おうよ」と約束を取り付けようとすると、相手がまだ迷っている場合はかえって気持ちを引かせてしまうかもしれません。
もちろん、相手の様子から復縁の可能性大な場合には何かしら口実を作って会うのもひとつの方法です。
ここでは無難に「偶然の再会」を演出する方法を紹介しましょう。

一つ目は、仕事帰りに駅でばったり会うシチュエーションです。
相手の乗っている電車がわかったら、同じ電車の別車両に乗り込み、駅に着いたら一度電車を降りてホームから相手のいる車両へ乗ります。
偶然、同じ電車ではち合わせた設定となります。
次に相手がよく行くお店でばったり会うシチュエーションですが、ここでは「待ち伏せしていたの?」と思わせてしまうのはダメです。
コーヒーショップなど相手がよく行くお店でしばらく待ってみて、相手がねらい通り店に入ってきたら声をかけます。
「来るまで待っていた」と言ってしまうと、待ち伏せされたと感じて相手に引かれてしまいますので、あくまでも偶然に会ったことを演出しましょう。
相手の職場や自宅の前で会う設定にしてしまうと、ストーカー行為と感じられてしまう可能性があります。
これらは相手が必ずそこにいるとわかっている場所だからです。
偶然の再会として職場や自宅近くは設定しないようにしましょう。