暴力が原因で別れたケース 復縁の可能性は? 復縁する方法

復縁依頼の増加
復縁依頼のケース
復縁できるか 3つのポイント
元夫が元妻との復縁を望むケース
元妻が元夫との復縁を望むケース
元彼が元彼女との復縁を望むケース
元彼女が元彼との復縁を望むケース ネチネチタイプの場合
元彼女が元彼との復縁を望むケース あっさりタイプの場合
男性が不倫相手との復縁を望むケース
友人との復縁を望むケース
男性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
女性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
復縁工作 対象者との接触
別れの理由として多いのは?
復縁工作 別れの理由の告知
相手の浮気が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
経済的不安定が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
性の不一致で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖が原因で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖は本当に直っている?
本当に暴力は二度とふるわない?
本当にもう浮気しない?
復縁アプローチ 情報収集
復縁アプローチ メールでの感触
復縁アプローチ 誤解を解く
復縁アプローチ 会うきっかけを作る
復縁アプローチ 変わった自分をアピール
暴力が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
価値観の相違で別れたケース 復縁の可能性
女性が不倫相手との復縁を望むケース


復縁マニュアル決定版 復縁ガイドブック【男女統合版】



暴力が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
暴力が原因で別れてしまった相手との復縁を希望してくるケースは、暴力をふるった側の男性から依頼してくるのがほとんどです。
少数派として暴力をふるった女性側から復縁を依頼してくることもあるようですが、ごくまれだそうです。
暴力をふるわれた側からの復縁依頼はもっとまれになります。

復縁の可能性は、行なわれていた暴力の程度によります。
もちろん言葉の暴力も含まれ、相手本人だけでなくその家族にまで口撃が及んでいる場合、相手は相当傷ついています。
相手が大事にしているものにまでダメージを与えた場合、復縁は困難になります。
手で殴ったり足で蹴ったり、ということが一度でもあると、さらに修復は難しくなります。
相手の体を直接傷つけることがなく、物にあたって壊すという行為であっても、相手に恐怖心を与えることは暴力と同じです。

復縁の成功を左右するポイントは、相手にどれほどの恐怖心を与えてしまったかです。



いくら口約束で「もう暴力はふるわない」と言われても、一度恐怖心が植えつけられてしまうとなかなか拭い去ることができません。
暴力をふるっていた本人が、暴力を封印できるかどうかにかかっています。
例えばお酒を飲むと手が出てしまう男性は、復縁を希望するにあたってお酒を断つことができるかどうか、なのです。
また過剰な嫉妬心から思わず手が出てしまう人は、自分の感情をコントロールできるようになることで暴力を避けられるでしょう。

暴力のきっかけが明らかな場合はその状況を作らない、感情を抑える訓練をする、など、復縁には相当の努力と時間が必要となります。