価値観の相違で別れたケース 復縁の可能性 復縁する方法

復縁依頼の増加
復縁依頼のケース
復縁できるか 3つのポイント
元夫が元妻との復縁を望むケース
元妻が元夫との復縁を望むケース
元彼が元彼女との復縁を望むケース
元彼女が元彼との復縁を望むケース ネチネチタイプの場合
元彼女が元彼との復縁を望むケース あっさりタイプの場合
男性が不倫相手との復縁を望むケース
友人との復縁を望むケース
男性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
女性が自分の浮気で別れたケース 復縁の可能性は?
復縁工作 対象者との接触
別れの理由として多いのは?
復縁工作 別れの理由の告知
相手の浮気が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
経済的不安定が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
性の不一致で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖が原因で別れたケース 復縁の可能性
浪費癖は本当に直っている?
本当に暴力は二度とふるわない?
本当にもう浮気しない?
復縁アプローチ 情報収集
復縁アプローチ メールでの感触
復縁アプローチ 誤解を解く
復縁アプローチ 会うきっかけを作る
復縁アプローチ 変わった自分をアピール
暴力が原因で別れたケース 復縁の可能性は?
価値観の相違で別れたケース 復縁の可能性
女性が不倫相手との復縁を望むケース


復縁マニュアル決定版 復縁ガイドブック【男女統合版】



価値観の相違で別れたケース 復縁の可能性
離婚の理由としてよく聞くことのある「価値観の相違」という言葉。
これは趣味が合わない、子育てに関する考え方の違い、将来に対するビジョンの違い、など具体的に挙げると様々で、どれかひとつに理由が定められないときに納得させやすい言い訳として使われます。



また、本当の別れの理由を隠すために「あなたとは価値観が合わなくて…」と切り出すこともあります。

価値観の相違で別れたカップルが復縁するためには、どんな点において価値観が合わなかったのかを明確にしなくてはなりません。
例えば将来起業を目指して計画を立てていた男性と、安定した生活を望む女性が別れる原因となった「将来設計の食い違い」を見てみましょう。
成功するかどうかもわからない起業を目指す男性に将来的な不安を覚えて女性から別れを切り出したとします。
男性はその後、努力の甲斐あって事業を立ち上げ、仕事も波に乗ってきたので彼女との復縁を希望するようになります。
しかしここで女性のプライドを無視して「自分が言った通り、事業は成功したから戻って来い」と自慢する態度をとってはいけません。
「あなたのためにずっと頑張ってきたんだ」と彼女のために努力してきたことをアピールすると、彼女も悪い気はしなく、復縁の可能性も高くなります。

この他、趣味や好みの相違が別れの原因となったケースでは、復縁を望む方がどこまで好きなことを我慢するかが重要になります。
内容によってはお互いが歩み寄ることもありますが、あくまで基本は復縁を望む方が折れることです。
子育てに関する考え方が食い違っていた場合でも、社会的に正しいかどうかではなく、二人の間の問題として考えることが大切です。
自分が正しいと思っていることでも、復縁するために相手を優先させ自分が折れなければならないこともあるでしょう。
そこまでの覚悟がないと、復縁の話はまとまらないでしょう。