逆プロポーズ プロポーズの言葉について

  
プロポーズの言葉についてご紹介。

復縁マニュアル決定版 復縁ガイドブック【男女統合版】





逆プロポーズ

プロポーズは、男性から女性に申し込むもの、ロマンチックなプロポーズ神話ではそうなっていますが、今時のプロポーズはそうとも限らないのです。
結婚情報誌「ゼクシィ」のゼクシィnetの調査では90%の女性が、男性からのプロポーズの言葉を期待しているにもかかわらず、実際に男性側からのプロポーズを受けた女性は全体の75.5%にしかすぎないのです。
またプロポーズされなかったと答えた女性の中の30%近くの女性は自分から逆プロポーズしているのです。
逆プロポーズの理由については、「待っていても言ってくれないから」また「勢いで」など強気なコメントも。
ケンカして言わせた、など策略的に、言ったのは男性でも、女性が言わせたというパターンも多いのです。

たった一通のメールだけで女性を落とした秘密



クリスマスに言ってくれると期待していたのに指輪を買ってくれていなかったので、という女性は恋人を店に引っぱって行き指輪を買わせ、強引にプロポーズさせたといいます。
緻密に計画的なのは何気なくデートに誘って、「ホテルのスイーツでも」といいながら、そのままブライダルフェアに連れて行ってしまうパターン。
ウエディングドレスを試着してみたいという彼女の晴れ姿に、思わず見とれてプロポーズしてしまったという男性も。
旅行に誘ったり、お洒落な教会のある近くでデートスポットを見つけたりと、男性の心をくすぐるような場面を用意する。
いまどきの女性もなかなかやるものですね。
これに対して男性側はブライダルジュエリーショップのアンケートに答えて、プロポーズは計画的だったか、という質問で、はいと答えたのは64%。
プロポーズをするときの勝算は?の問いには、62%が勝算10割と回答。つまり、絶対OKをもらえると踏んで、その場にのぞんでいるようです。
男性側からのプロポーズは、かなりの確立でOKをもらえる段階で言葉にすることが多く、そのため待つ側の女性のほうが痺れを切らせてしまうようです。
恋人関係において付き合いの主導権を女性が握りがちな最近では、男性も少々弱気になってきているのかもしれませんね。
様々なイベントやきっかけを大いに利用して、男性たちにも頑張ってもらいたいものですね。



Copyright (C) 2015 プロポーズの言葉について All Rights Reserved.

恋愛について モテるための方法 合コンの活用法 プロポーズの言葉について 婚活について1 出会いカフェでの出会い方 モテるための方法 心理学を使った恋愛成功術 お見合いパーティーについて 復縁する方法 結婚相談所の活用方法 初デートの会話について 婚活について2 30代後半からの女性の婚活 同棲について ナンパ塾について 婚活について3 遠距離恋愛について 人見知り克服の方法 初デートのプランについて 結婚相談所の比較口コミ 失恋から立ち直る方法 出会い系サイトの活用法