プロポーズのセリフ プロポーズの言葉について

  
プロポーズの言葉についてご紹介。

復縁マニュアル決定版 復縁ガイドブック【男女統合版】





プロポーズのセリフ

おなじみ「101回目のプロポーズ」では、死んだ恋人への思いで過去に縛られたままの薫(浅野温子)に達郎(武田鉄也)がプロポーズする感動のシーン。
100回ものお見合いに失敗したさえない中年男が、元恋人の幻影に勝てた瞬間。
「僕は死にましぇ〜ん」の名台詞とともにトラックの前に飛び出したシーンは鮮明です。チェ・ジウ主演で日韓中合作のリメイクもされていますね。

また「やまとなでしこ」では桜子(松嶋菜々子)が欧介(堤真一)に「私には見えるんです」「10年後も20年後も…あなたの傍には私がいる。」と逆プロポーズ。
「あなたといると私は幸せなんです」と。現代の力強い女性を象徴しているようですね。

ドラマ名もまさに「おいしいプロポーズ」では一度は別の人と結婚することになった春樹(小出恵介)と別れ日本を離れた鈴子(長谷川京子)に、自分は結婚しなかったことを告げるために春樹が言ったこのセリフ。
「片思いのスープを下さい」はドラマの内容やタイトルに言葉をかけた洒落たものでしたね。




ご存知、鈍感で天然な年上の女性、響子さんとじれったいぐらい不器用な五代クンのハラハラする展開、高橋留美子の傑作漫画「めぞん一刻」。
なが〜い、すったもんだの末、五代クンが響子さんにプロポーズする場面。彼は散々プロポーズの言葉を悩んだ挙句、勇気を出してこういいます。
「響子さんの作ったミソ汁、飲みたい」と。夜中にアパートに帰り、寝ている響子さんを起こして。
もちろん響子さんは言葉どおり、味噌汁を作ってくれます、そう真夜中に。
響子さんはとっても鈍感な女性だったのですね。

男性方、ドラマのような気障なセリフ、語り継がれる伝説のような古典的なセリフ、色々ありますがプロポーズの言葉を選ぶときは是非とも回りくどいものではなく、ストレートに。
せっかくの名セリフ、聞き逃されることの無いようにご注意を。



Copyright (C) 2015 プロポーズの言葉について All Rights Reserved.

結婚相談所の活用方法 結婚相談所の比較口コミ 合コンの活用法 同棲について お見合いパーティーについて 出会いカフェでの出会い方 婚活について3 プロポーズの言葉について 初デートのプランについて 恋愛について 婚活について2 人見知り克服の方法 婚活について1 出会い系サイトの活用法 ナンパ塾について 心理学を使った恋愛成功術 モテるための方法 モテるための方法 復縁する方法 遠距離恋愛について 30代後半からの女性の婚活 失恋から立ち直る方法 初デートの会話について