欲求の合理化 失恋から立ち直る方法

欲求の合理化
人が失恋すると大きな心のダメージとなって残してしまいます。
人それぞれの性格にもよりますが、立ち直りの早い人もいるし、いつまでたっても、そのことを引きずっていくような人もいます。
場合によっては、「トラウマ」となってしまい、恋愛に対して臆病になってしまう人もいることでしょう。

たしかに、恋愛に注いでいたエネルギーが多ければ多いほど、ダメージも大きいのです。
また、失恋して、不安定になった愛情エネルギーが、暴力的に相手に向かうということがあります。
「嫌がらせしてやる」「殺してやる」などと、相手に対して思ってしまい、無理心中や復讐という結果を招いてしまう場合もあります。
また、相手に向けずに、抑圧されて自分に向かうと自殺を考えてしまう人もいます。

ですが、人間には、自分の思い通りに物事が運ばないときなどには、自分の都合のいいように解釈をして、納得しようとする心のメカニズムを持っています。
これは失恋のとき、絶対に機能させなければならない働きです。
しかし、すべての事柄に対して、いいように考えてしまうのは、不適切といえるでしょう。



なぜなら「反省」するという心の余裕を失ってしまい、人としての成長を乏しくさせる可能性があるからです。

でも、失恋のときは、このメカニズムを働かせることによって、「欲求の合理化」をはかることが必要となるのです。
この、「欲求の合理化」というのは、「あの人には、こんな欠点もあった、自分も近いうちに別れようと思っていたんだ。これで良かったんだ」
「メソメソしているくらいなら、もっと別のいい人を探そう」と、いったように、ドライに割り切ることです。

一種のすり替えといえるかもしれないですが、失恋の痛手から早く乗り切りたいのであれば、このような考え方も必要なのだと思います。
「欲求の合理化」というものは、さまざまな不幸の事態を避ける働きをもっているのです。