SADと人見知り 人見知り克服の方法

天然石ブルームーンストーン携帯ストラップ【天然石アクセサリーFROMS】天然石ブルームーンストーン携帯ストラップ
1,365円

素敵な出会いを呼ぶ、美しいブルームーン
Ads by 電脳卸

SADと人見知り
人見知りや対人恐怖症と同じように人前に出ることに不安や恐怖を感じるSAD(社会不安障害・社交不安障害)があります。
SADもまた人見知りとは異なるものです。
人見知りは内気であるなど性格的なものを指しますが、SADは心の病の1つです。

SADは人前に出たり注目をあびると強い不安や恐怖を覚え、赤面したり吐き気を覚える、ふるえなどの症状が出ます。
人見知りならば、人前に出ていくうちに慣れていくのですが、SADの場合は強い不安がずっと続きます。
その恐怖や不安のため、段々と人前に出ることが苦痛となり、学校や職場に行けなくなってしまう人もいます。
この症状が継続すると、うつ病やパニック障害を引き起こすこともあります。

孤独にならないための友達の作り方

【ビデオ】90日で告白を成功させる方法

SADを克服するためには、適切な治療が必要となります。

SADの原因は脳内にある神経伝達物質セロトニンなどのバランスが崩れることが原因であると推定されています。
そのため、この病気では神経科など医療機関で適切な診断と治療が必要とされるのです。

医療機関では、この症状が内気であるものか人見知りか、それともSADなのか他の病気であるのかを診断します。
医師は、あなたの悩みをじっくりと聞いて診断します。
SADでは薬物療法と対処療法が用いられます。
薬物療法では、セロトニンのバランスを治すSSRIなどが用いられます。
SSRIには抗うつ作用と抗不安作用があります。
対処療法は心理的に治療することで、森田療法や認知療法、行動療法などが取られます。
SADの克服には必ず専門家との連携が必要です。
しっかりと医師との信頼関係を築き、治療して症状を治してください。