自分を守ろうとする人見知り 人見知り克服の方法

天然石ブルームーンストーン携帯ストラップ【天然石アクセサリーFROMS】天然石ブルームーンストーン携帯ストラップ
1,365円

素敵な出会いを呼ぶ、美しいブルームーン
Ads by 電脳卸

自分を守ろうとする人見知り
人見知りの人は、相手の表情などに過剰に反応してしまうため、どう相手が思っているかが不安になって、その結果、話すことが怖くなってしまいます。
つまり、相手に自分のことを悪く思われたくないという気持ちが強いため、何かを言って相手に嫌われたらどうしようかと不安になり、話すことを避けようとしてしまうのです。
そして、話すことを避けると話す経験が少ないのですから、話が苦手になるという悪循環に陥ってしまうのです。

人見知りの人は沈黙が苦手で、何か話さなければならないという強迫観念を持っている人がいます。
しかし、人は話したいときもあれば、状況によっては何も言わずに黙っていたい場合もあります。
助言を求めておらず、ただ話を聞いて欲しいだけという場合もありますね。
人の気持ちを本当に考えるならば、決して何かを話す必要はなく、相手の気持ちに応じた対応を取ることが大切です。
しかし、人見知りの人はとにかく何か話をしなければならない、と考えてしまいます。
それを実行してしまうと相手の気持ちを考えない人、という印象を与えてしまいます。

友達ゼロの状態から親友を作る方法 コンサル付き

親化論〜ものの1カ月で誰とでも親しくなれる思考の法則〜口下手・あがり症・人見知りなど人間関係の悩みは問題ありません!


どう言えば相手の気持ちを傷つけずにすむのかを考えているようで、実は自分がどう言えば相手に良い印象を持ってもらえるのか、という深層心理が隠れている場合があります。
それが、相手に自分の悪い印象を持って欲しくないということです。
自分を相手に理解して欲しいという思いが強すぎて、話が本来話したい内容から離れ、肝心の話ができなくなる人見知りとなってしまうのです。
さらに、自分の言ったことで相手が傷つき、自分の悪口を言うのではないかとおびえることもあります。
そうして話をしないことで自分を守ろうと人見知りになってしまいます。

その状態からの克服の方法は、相手の反応に対して距離を置くことです。
相手の反応に対しては少々のことは動じないという勇気が必要です。
そして人見知りの克服には、話せないときもある、相手が理解しないこともあるという気持ちを持つことも大切です。
誰でも、常に上手に話せる人はいないのですから。