人見知りの話し方を直す方法 その1 人見知り克服の方法

天然石ブルームーンストーン携帯ストラップ【天然石アクセサリーFROMS】天然石ブルームーンストーン携帯ストラップ
1,365円

素敵な出会いを呼ぶ、美しいブルームーン
Ads by 電脳卸

人見知りの話し方を直す方法 その1
人見知りの人は話している最中、聞き手がどのような反応を取るかとても気にします。
話が面白いか、相手を話によって不快にさせていないかどうかが気になります。
そのため、うまく話をしなければ、と考えて必要のない表現や説明を入れてしまう傾向があります。
そうなるとかえって話がわかりにくくなって相手に伝えたいことが伝わらなくなります。
すると、相手は話の内容がわからず表情が曇ってしまい、人見知りの人はますます話をするということに不安を抱いてしまうのです。

話し方を直す方法として、人見知りの人は、まず話の内容を正確に伝えることに徹してみましょう。
話の内容をわかりやすくしようとして、余計な説明を加えないようにしてください。
まず内容をしっかりと話して、質問を受けたらそれに関して話せば良いのです。
自分の気持ちを正確に伝えることが大切です。
専門用語を多用する必要はありません。
簡潔にわかりやすく伝えることは人見知りの克服だけでなく、学校や仕事において、社会生活を送る上でとても大切なことです。

友達ゼロの状態から親友を作る方法 コンサル付き

親化論〜ものの1カ月で誰とでも親しくなれる思考の法則〜口下手・あがり症・人見知りなど人間関係の悩みは問題ありません!


できるだけ簡潔に話を収めてしまうのは、人見知りの人にとっては説明不足かもしれないと心配になるかもしれません。
しかし、説明が過剰になりやすいのが人見知りの人の話し方ですから、それを意識して簡潔に話すことに意識を持つことが重要なのです。
人見知りの克服には、まず話をすることを怖がらないことです。
話のわかりにくさを克服するために、まず相手の反応を不安になる前に自分の話し方を意識してみてください。