3歳児の人見知り 人見知り克服の方法

天然石ブルームーンストーン携帯ストラップ【天然石アクセサリーFROMS】天然石ブルームーンストーン携帯ストラップ
1,365円

素敵な出会いを呼ぶ、美しいブルームーン
Ads by 電脳卸

3歳児の人見知り
3歳の子どもは一人前の子どもへと成長して、遊具で自由に遊ぶようになります。
2歳くらいまでは安定感がまだありませんので、ブランコや滑り台で遊ぶ時には側について支えたり見守っていなければなりませんでした。
しかし3歳になると筋力が付き、身体の安定感もよくなって自分の体を自由に動かすことができるようになり、お母さんもほっとする頃ですね。

ところが何でも自分でできるようになると、2歳の時は何でも自分でやりたがっていた子どもが3歳になるとお母さんに何でも「やって〜」と甘えてくることもあります。
子どもが甘えてくる時間はあっという間です。
こんな時は思い切り甘えてもらって親子の時間を充分に楽しみましょう。

人に好かれる会話術【男女兼用】

メンズファッションプログラム


3歳になると年少で幼稚園に入園する子どもも多くなります。
入園後は、慣れなくてお母さんの姿が見えなくなると泣いてしまう子が大勢います。
個人差はありますが、皆少しずつ幼稚園に慣れて幼稚園で遊ぶのが楽しくなります。
あせらずに見守っていきましょう。

挨拶も親が率先して行い習慣付けましょう。
人見知りする子、おとなしい子はなかなか挨拶ができないかもしれません。
しかし、それを無理やり克服させようと挨拶を強制しても逆効果です。
日常の生活の中で家族で「おはよう」や「おやすみなさい」の声かけを行い、近所の人には親がまず挨拶しましょう。
そのような状況の中であれば、子どもは自然と挨拶が身に付きます。
なんとか人見知りを克服しようとするのではなく、習慣として挨拶を身に付けさせることが大切です。